しみ抜きと手仕上げが自慢のお店
八千代市・習志野市・船橋市

オオクボクリーニング

TEL : 047-450-5787

メニュー


ブログ

2016.03.31 役に立つQ&A

シミがついちゃった!こんな時はどうすればいいの?

実は、「汚れ」とは必ず次の三つに分類されます。
①水に溶ける汚れ
②油に溶ける汚れ
③どちらにも溶けない汚れ
水は水に、油は油にしか溶けませんから、ついてしまったシミが①であれば水を使えば良いわけですし、②なら油を使えば良いわけです 。

それでは、このページをご覧いただいているあなたにだけ、ご自身でもシミ抜きが可能な条件をお教えいたします 。
その条件とは、「水に溶けるシミである」・「すすぎができる生地である」の2点です。

シミ抜きキット等を使用したお客様なら誰もが「薄くはなったけど、抜けきらずに範囲が広がっってしまった」という状態を経験されていませんか?
薬品でシミを溶かして、タオルを当てて叩くといいますが、実際にはうまくタオルが吸い取ってくれず、シミは形を変えて輪ジミとして残ってしまいます。
実はシミ抜きで一番大事なことは「すすぎ」と「脱水」という作業なんですね、せっかく薬品でシミを溶かしてもすすげなければ薄く残ってしまいますし、すすぎの水分を除去できなければ輪(水)ジミになってしまいます。
以上のことから、水洗いが可能な品物ならば飲み物や血液などの水に溶けるシミはご家庭でもシミ抜きが可能です。
※あくまでも作業は自己責任でお願いいたします。

でも、実際にはシミのほとんどすべてが①と②と③の汚れが、様々な形で結びあったものが原因になっています。そのため、シミ抜きキットなどの使い方によっては、却って取れないシミに悪化させてしまう場合もあるのです。

シミが付いたらやはり早めに、それも安売りではないクリーニング店にお持ちいただく事をおすすめします。
これは安売りのお店がダメだからという事ではなく、クリーニング料金を安く提供するためにはシミ抜きなどのオプションを極力減らしているためで、早い対応が必要なシミ抜きには余計な迂回措置となってしまうからです。

当店ではしみ抜きに関して豊富な知識と経験を持っています。
すべてのシミを落とせるとまでは言えませんが、お預かりした時よりは状態が良くなるように努力しています。
古くなったシミや他のクリーニング店で断られたシミもあきらめずにご相談ください。
ひょっとしたら「シミなんてなかった」という事にできるかも知れません。