しみ抜きと手仕上げが自慢のお店
八千代市・習志野市・船橋市

オオクボクリーニング

TEL : 047-450-5787

メニュー


ブログ

2016.10.02 役に立つQ&A

夏物衣料のしみ抜きについて

そろそろ本格的に秋の衣替えのシーズンになってきましたね

その年の流行もありますが、夏物の服はやはり白か淡い色が圧倒的に多いですね
そして暑い季節だけに、綿や麻といった生地が好まれています
ですが、薄い色の生地はちょっとした食べ物や飲み物のシミが付いたときにめだってしまいます

この時、品物が水洗いに耐えられて、範囲が広いといった場合は漂白で対処しています
漂白は酸素系の漂白剤を使用して長時間の漬け込みをするのですが、汚れは落ちても本体の色は
ほとんど変化しません(※生地や染め方によってはまれに色が一段薄くなる場合もありますが、
全体に及ぶために問題はありません)

ただ、その品物が水洗いに向かないときや、しみの範囲がごく一部の場合は部分的な漂白
なります
ほとんどの品物は問題ありませんが、こちらも生地や染め方によってはかすかに色が薄くなることがあります
部分的に色が薄くなると、わずかな色の違いでもハッキリとめだってしまうことがあります
ですから、このしみ抜きは事前にチェックをして、少しでも変化があるようならばそこでストップいたします
※多少の色落ちに目をつぶっても、しみを落としたい場合はお伝えいただければ最後まで作業いたします

毛・絹・テンセルとレーヨンの一部は漂白自体ができませんのでお気を付けください
逆に綿・麻・ポリエステルであれば古いしみでも漂白ならば落とすことができるかもしれません
あきらめていたしみも、ぜひ一度ご相談ください